前へ
次へ

健康保険と厚生年金について

私の会社での健康保険と厚生年金は、どちらの保険料についても事業主との折半によって収めています。
毎月決まった金額を給与から天引きしています。
また、この保険料は、常に同じ金額というわけでは、ありません、ひとつは1年に1度全体の保険料率の見直しがあり、改定されています。
もうひとつは、毎年7月に出さなければいけない算定届によって等級が変更されます。
もうひとつは、固定給が変更になってから3ヶ月間の平均と照査して、2等級以上の変動がある場合は、月額変更届によって、等級が変更されます。
どちらの届けも、適正に保険料を徴収するために1年に1度と随時変更に対応する届けとなっています。
例えば、著しく給料が減ったのにずっと高いままの保険料だと妥当とはいえません。
なので、その時の給与にあわせた保険料率を適用させるべくこの届けはとても大切です。

Page Top