前へ
次へ

健康保険と厚生年金についての知識

医療保険である健康保険と年金保険である厚生年金をあわせて、社会保険と言います。
健康保険と厚生年金は、法人事業所および常時5人以上の従業員がいる事業所が加入することになっています。
その事業所に常時使用される従業員は、性別や国籍に関係なくすべて被保険者となります。
しかし常用でないパート・アルバイトは被保険者になりません。
常用か否かの判断基準など適用に関する詳細は、日本年金機構のホームページに掲載されていますので、参考にすると良いでしょう。
健康保険および厚生年金の保険料は、事業主と被保険者が半々ずつ負担します。
事業主は、従業員を雇用した時や従業員が退職したとき、また社会保険料の算定や納付など、定められた手続きを行う必要があります。

Page Top